FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきました

5ヶ月間の長期出張を終えてようやく帰ってきたのが先週の話。
自宅で生体を管理できる状況を整え、やっと落ち着いて飼育できるようになりました。
これから夏に向けてさらに安定した温度を保てるものを作ろうと考えていますが、まだ計画段階でいろいろ考えている最中です。
4段階くらいの温度管理ができるのが理想ですね。

久々にショップへ行ってゼリーやマットを補充したついでにシーズン中のメタリフェルを買ってきました。
<RIMG0232.jpg
ちびっこいですが元気のいいやつを選んできたので、既に蛹になってる飼育品♀達とペアリングしようかなと思っています。
♀は持ち腹で産ませる予定です。
今期はあまり世話できずに大型化は全然ダメだったので次世代こそは自己ベストを超えたいです。

おまけ
こちらも管理不足で深刻な羽化ズレになりそうなインペラ・・・
どうしようかな?
RIMG0234.jpg
スポンサーサイト

メタリフェル採卵

メタリフェルの産卵セットは発泡箱温室で管理しているのですが、1つのセットで脱走事件が発生しました。
タッパーの蓋に1.5センチほどの穴をあけてフィルターを貼っていたのですが、そのフィルターが破られていて気づきました。
発泡箱を削って抜け出した痕跡は無かったのですが、ヒーターとサーモのケーブルを通す隙間から抜け出したようです。
一応♀の所在を探るため、不本意ながらセットして10日しか経ってない産卵セットもひっくり返してみることに。
すると、ぽろぽろと卵がたくさん・・・
親♀の行方はわからぬものの、産みたてと思われる卵があったので脱走してまだ間もないことはわかりました。
せっかくなので、どれくらい産んでくれたのかチェック!と言う訳で本腰入れて採卵していくと・・・
RIMG0086.jpg
産みたてから結構膨らんでいるのまで計26個でした。
10日間のみの結果としてはなかなかいい感じですね。
この卵たちはブラック系×ノーマル系で少しでも数を取って色を選別したいのでうれしい結果です。
キクロの卵なので孵化率がやや心配ではありますが、割り出しちゃったものは仕方ないので側面から卵が見えるように埋めて管理することにします。
そして割り出したマットは容器に戻し、卵入りカップとともに温室に戻そうとすると・・・カサカサッと袋を引っかく音が・・・
・・・
RIMG0087.jpg
いました、温室の直ぐ横に。
本当に脱走したばかりだったのですね、見つかって良かった。
今度は脱走されないように対策して再セットしました。
まだまだがんばっておくれ。

メタリフェル産卵セット

以前ブログに載せたWF1ノーマルカラーのメタリに加えて、ブラック系のメタリも入手していました。
どの個体もペアリングしていたのですが、昨日と今日でブリード予定だった3♀ともセットしました。
RIMG0059.jpg
こんな感じの手抜きセットです。
ブラック系インラインの♀だけ小プラケに材片入りのセット、WF1ノーマルインラインとブラック系×ノーマル♀は画像のタッパーにマットのみのセットです。

ブラック系の種親はコイツ
RIMG0012.jpg RIMG0010.jpg RIMG0011.jpg

ノーマルは以前画像を載せた
20160812_060303_553.jpg
こんな感じ

無事幼虫が採れたらサイズ、色彩両方を意識して飼育して行こうと思います。
過去のメタリの記録では・・・
250ccで3令初期まで、860ccボトルで羽化、幼虫期間半年足らずで85ミリが最大でした。
使用マットはグローバルのLBマットで22℃前後の管理だったので少し低温で引っ張ればもう少し伸ばせるかもしれませんね。

リフォーム中です

いろいろ考えた結果、ブログタイトルとユーザー名を変えて再スタートしよう!とい結論になりました。
もう無くなった犬の名前をいつまでも使うのもなぁ・・・と思っていたので。
URLには残りますが、それくらいは残してあげてもいいかなと思っています。
名前のほうはネット関係でよく使うHNにくわをつけただけです(笑)
本名とも微かにつながりがあるのでこれは特に迷いませんでした。
あとはちょっとしたことのアップロード用にツイッターアカウントでも作って貼り付けようかなとおもっています。

そんなわけで滞っていた更新をバンバンしていこうと思います。
最近特に動きがあった種はコイツら!
20160812_060303_553.jpg
ペレメタことペレン島産メタリフェルホソアカです。
5月末にパプキン等と一緒にWF1の幼虫を買っていたのですが、♀が7月末に、♂が8月頭に羽化して無事2ペアとなりました。
今回は買ってきた段階である程度成熟した幼虫だったのでこのサイズですが、次世代からはそこそこのサイズは狙いたいですね。
この♂で60ミリ弱程度、自己ベストが80ミリ代前半くらいだったと思うので、まずはそれくらいを目標にしたいと思います。

このままキクロマトス中心に種類を増やしたいなと考えていますが、ビッ○ーズ亡き今なかなか大変ですねぇ・・・
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。