スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インペリアリスツヤ?

昨年10月、出張に行く少し前にこっそりと入手して挑戦していたインペリアリスツヤ。
なかなか飼育情報が出回らず、挑戦心をくすぐられてやってみたのですが・・・
おそらく本種と思われる幼虫が1頭だけ得られていました。
セット後1ヶ月程で初令で割り出し、プリンカップで管理していたのですが、存在を忘れており飼育スペース整理中にたまたま発見したところ、まだ生存していました。
そして驚くことにセット内で動きが見えず、☆になったとばかり思っていた親♀も生存していました。
RIMG0248.jpg
土まみれで弱々しいですが符節欠けもなく生きています。
そして幼虫は・・・
RIMG0247.jpg
なんか毛が生えてる変わった幼虫ですね。
このセット、ラコダールが全然生まなかったセットをそのまま流用したのでもしかしたらラコダールの幼虫かもしれませんが、こんな毛生えていなかったような気がするのでインペリアリスなのかな?とちょっと期待しています。
理想は♀として羽化して野外品♂の種をつけて次世代を得ることですが、この子ははたして♂なのか♀なのか?
ツヤクワは卵巣が見えないとかって聞いたような気がするので♀であって欲しいなと思います。
そもそも羽化までが難しいらしいので無事育て上げられるかが問題ですけどね(笑)
親♀は一応別のセットに入れてみましたがもう追加は厳しいでしょう。
今期も気が向けば野外品を購入してチャレンジしてみるかもしれません。

ラコダールも幼虫が得られて飼育中なのでそのうち記事にします。
スポンサーサイト

ファブリース・タカクワイ

カテゴリにあるものの、記事は書いてなかった本種。
昨年5月に幼虫を6頭購入していました。
購入時に1回、8月くらいに1回エサ交換をして♀は10月付近に羽化、♂は12月付近に羽化しています。
♂がまだ寝るだろうと思われるのでブリードは少し先ですが、結構好きな種類なのでブリードもそこそこ力を入れたいですね。

羽化個体は
RIMG0239.jpg
こんな感じです。
2♂4♀いて♂は80ミリ、♀は39ミリ程でぼちぼちなサイズといったところでしょうか。
現ギネスがかなりデカイので狙おうとは思いませんが、85ミリくらいを目標に次世代を育てたいなと思っています。
久々に成虫を拝みましたがカッコイイ虫ですねぇ・・・(笑)

カウピホソアカようやく始動

昨年幼虫をいただいて、いろいろあって結局♀しか羽化しなかったカウピホソアカ。
♂幼虫は前蛹で黒くなり、途方にくれていたところでしたが救援要請したところ無事続けられることになりました。
20170326_121050651.jpg
もうペアリング中のため、安否確認直後の写真ですがこんなカッコイイ個体!

ペアリング中の容器を覗いてみたところ・・・
RIMG0235.jpg
うまくいきそうでよかったです。
もう1♀使う予定なのできっと次世代を得られるでしょう。
産卵以降は初めてなので楽しみです。
次世代では50ミリアップが目標ですね。

帰ってきました

5ヶ月間の長期出張を終えてようやく帰ってきたのが先週の話。
自宅で生体を管理できる状況を整え、やっと落ち着いて飼育できるようになりました。
これから夏に向けてさらに安定した温度を保てるものを作ろうと考えていますが、まだ計画段階でいろいろ考えている最中です。
4段階くらいの温度管理ができるのが理想ですね。

久々にショップへ行ってゼリーやマットを補充したついでにシーズン中のメタリフェルを買ってきました。
<RIMG0232.jpg
ちびっこいですが元気のいいやつを選んできたので、既に蛹になってる飼育品♀達とペアリングしようかなと思っています。
♀は持ち腹で産ませる予定です。
今期はあまり世話できずに大型化は全然ダメだったので次世代こそは自己ベストを超えたいです。

おまけ
こちらも管理不足で深刻な羽化ズレになりそうなインペラ・・・
どうしようかな?
RIMG0234.jpg
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。